株式会社坂詰製材所

≫ 日本アジアグループ株式会社

ブログ

2021年07月13日

人は、宝なり。

弊社は、製材所として創業以来、製材、プレカット、木工加工、建築、不動産と家づくりができる自社一貫体制を整えて参りました。2017年には、林業部を立ち上げ、森林伐採や整備などにも取り組み始めました。社内の機械設備環境も整え、県内外の皆様に構内をご案内できるまでになりました。これも皆様のご尽力があってこそです。心より感謝申し上げます。 社員一人ひとりが、創意工夫を重ね、活き活き...

続きを読む...

2021年03月27日

ATAハイブリッド工法のセミナーを開催しました

日々、春めいてまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。坂詰製材所では、去る3月18日、新潟市中央区のビッグスワン会議室にて、ATAハイブリッド工法のセミナーを開催致しました。ご多用中のところ、ご来場いただきました皆様に心より感謝申し上げます。 ▲坂詰製材所 代表取締役 坂詰 一年 ▲坂詰製材所 専務 桐生 透 ▲株式会社ATA 大倉 義憲社長木の良さを活かし、木の弱...

続きを読む...

2021年03月10日

植物のある暮らし

私の暮らしの中には「植物を育てる」習慣があります。小さな頃にこの習慣を根付かせてくれた母には心から感謝しています。小さい頃は、保育園から帰ると、ひとりでせっせと自分で植えた赤かぶの種が成長するまで、毎日のように掘り返していたそうで、種が根を張り、大きくなっていく過程に目を輝かせていたころだろう。 コロナ禍で、花や植物を贈るというニュースや植物を取り扱う市場の売上が倍増しているという...

続きを読む...

2021年02月25日

サクラの枝を加工して

フラスタジオを主宰している友人からサクラの枝の加工依頼を受けました。地元を愛し、フラの精神を愛する彼女に真摯な気持ちで手渡したかったので、地元で生育したものをご用意させていただきました。加工しながら、一本一本、どんな風に花を咲かせてきた桜の木なのか考えつつ、ご注文いただいた品が、どんな風に利用されるのか想像していたところ、どんどん愛着が湧いてきました。ステージで踊るハラウの皆様に少しでもこの想い...

続きを読む...

2021年02月18日

春待つ頃

立春を迎え、少しずつ、少しずつ春の気配を感じています。例えば、日の出の時間が早くなったり、日の入りの時間が長くなったり、空が明るくなったりと雪国で暮らす私たちにとっては、この時期の変化を敏感に感じ取れるような気がしています。とは言え、この数日、雪がしんしんと降り続いていておりましたが、このようにして、季節ののびしろを味わうのもまた醍醐味です。 特に大雪に見舞われたこ...

続きを読む...

トップへ戻る