株式会社坂詰製材所

≫ 日本アジアグループ株式会社

2020年09月11日 | ブログ

杉苗コンテナ栽培

先日、杉苗のコンテナ栽培をされている方を訪ねて胎内市へ行ってきました。
胎内市と言えば、個人的に
「空気がおいしくて、水がきれい」
「野菜やお米が元気に育っている」

という印象がありましたが、それを遥かに上回る肥沃な立地でした。現地では、
・実際に苗を育てている様子
・肥料や管理について
・流通について
・収穫方法について
などを、お伺いしました。

突然の訪問にもかかわらず、丁寧にご説明くださった花野様、
ご対応、ありがとうございました。

森林研究所の皆様、
現場のお話をありがとうございました。
一年生の幼苗(右側3列 スギ)(左側 手前 ヒノキ)
三年生のコンテナ苗
コンテナ苗とは、根鉢のついた苗で、裸苗と比べて植栽したりする労力が小さいとのこと。
(人工林の主伐・再造林の利用が増加)
トップへ戻る