株式会社坂詰製材所

≫ 日本アジアグループ株式会社

2020年10月21日 | お知らせ

新規機械設備導入について

我が社は、新潟県産の杉材を中心に、年間の原木消費量で10,000㎥を超える製材業者です。製材・プレカット業・建築請負工事はもちろんのこと、自社一貫体制を長い年月をかけ、築いて参りました。これも、日頃ご愛顧いただいておりますお客様、ハウスメーカー様、地域工務店様、製材・木工加工業者様のおかげです。改めましてこの場をお借りして深謝申し上げます。

さて、この度、第2工場に木屑焚き横置多管式ボイラー、高温型全自動木材乾燥機、中型木材乾燥機、グレーディングマシンの設備を導入するべく工事が進んでおります。我が社が2018年に取得した新潟県初AS機械等級区分構造用製材、人工乾燥処理構造用製材の工場認証を活かしていく所存です。地域の皆様のお役に立てる会社であり続ける為に、社員一人一人が更なる努力をしていく所存ですので、今後とも末永く宜しくお願い申し上げます。

D
トップへ戻る